【メーカー様向け】Staysee公開API仕様について

公開API・他社システム連携について

Stayseeでは2020年8月より公開APIの利用が可能になりました。

利用できる機能は限定的ですが、今後 連携先メーカーの要望なども考慮し増やしていく予定です。

本ページでは、機器メーカーの方向けに公開APIの利用方法を紹介いたします。

お宿様向けではございません。

お宿様向け 他社システムとの連携(アクセストークン発行方法)はこちら

なおお宿様が利用する場合は、公開APIのご利用は有料となり月額料金が発生いたします。

ステイシー 利用料金について

公開APIによる接続試験方法について

1)ステイシーの1か月無料の施設登録を行ってください

※1か月経過すると自動的に利用できなくなります。費用が発生することはありません。

無料登録について

2)下記のフォームより、下記事項をご連絡ください。(お電話では受付しておりません)
数営業日中に公開APIの連携ができる設定をいたします。
・「アクセストークン発行依頼」の文言
・御社のシステム概要が分かるホームページ
・リリース予定
・見込み客の有無
・登録したステイシーのアドレス「https://●●●●●●.staysee.jp/」
(こちらのアドレスのみ利用可能なアクセストークンを発行いたします)

問い合わせフォーム

3)弊社で利用開始の設定ができましたらステイシーへログインし、トークン発行ページをご覧ください。
アクセストークンが表示されています。
アクセストークン

APIの仕様について

API仕様について

2020年11月時点ではデータの出力、チェックイン、チェックアウト状態の変更命令の受付など無人チェックインシステムに必要なインタフェースをご用意しております。

その他に希望する情報があれば、フォームより項目名・利用方法などをご連絡ください。
対応を検討させていただきます。

公開APIの仕様・詳細について、電話でお問い合わせいただいてもコールセンタースタッフではお答えできません。
問い合わせフォームまたはアクセストークン発行時のメールアドレスまでお問い合わせください。

公開APIのご質問

お問い合わせいただいた内容についての回答をまとめております。
なお回答時点の情報となります。今後の新機能追加、仕様変更等が予告なく行われる可能性がありますので
ご了承願います。

APIエンドポイントに関して

例えばと登録した場合のエンドポイントは?
施設A: aaa.staysee.jp
施設B: bbb.staysee.jp

●回答
「api.staysee.jp」のみの形式となります。
施設自体はアクセストークンでどの施設様かを判別しております。

予約の保存形態に関して

OTAからの予約がステイシーに取り込みされた時点では「room_id」は無い状態となりますか?

●回答
お客様の設定で部屋タイプマッチング(部屋の自動割り振り)の設定がされていれば
「希望部屋タイプ」のお部屋に空きがあれば自動で割り振られます。
空きがない場合は、割り振られず割り付け待ちとなります。

自社ホームページ予約システムをご検討の方へ

Stayseeでは一般的な自社ホームページ予約サイトとの連携を行うAPIは用意しておりません。

サイトコントローラ経由で連携可能ですのでそちらをご利用ください。

なお公開APIを使用して、お客様名、予約金額などを送る方法にて簡易的に予約情報をStayseeに送ることは可能と考えられます。(不足しているインタフェースがありましたら必要な項目等 仕様をご連絡ください)
ただしサイトコントローラ経由の場合と比べて機能が劣りますのでご了承ください。

サイトコントローラ連携について

Q&A一覧 お知らせ一覧